« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月21日 (火)

マイソール備忘録

夏季休暇で,インドのマイソールに行ってきましたよ。

20180812_13_45_57

インドらしからぬ,きれいな街並み。

牛もハエ,蚊も少ない。

色とりどりのカレーたち。

20180811_11_31_14

ホテルのバイキング。パロタ,ワダ,マサライドゥリ,パミセリウプマ,ポンガル。

20180811_17_18_46

マイソールのバススタンドのターリー。

120ルピー(=240円)くらいだった気がする。

このあと,ご飯がサーブされます。

リシケシとならび,ヨガで有名な街です。
アシュタンガヨガの総本山,パタビジョイス師の居た町。


今回は,「弁護士のブログ」というのを全く無視して,自分の備忘のために記録しておきます。


【マイソールの,ゴクラム地区(パタビジョイスのシャラがある)への行き方】
①成田→バンガロール
エアアジアで,成田バンコクで6時間,バンコクバンガロールで3時間,合計で航空券代は10万円弱でした。
フライトが2つに分かれていると,連続して9時間乗るよりむしろ快適。
LCCは,機内が死ぬほど寒いから,マフラーなど必須。
事前に食事も頼んでおくと吉。


②バンガロール→マイソール
 バンガロールの,マイソールロードのバススタンドから,200ルピー,バスでマイソールへ。所要時間4時間。
バススタンド奥の下に行くと,おそらく20-30分おきに,「マイスルマイスル!!」と叫んでいるおっちゃんがいるバスがあるので,それに乗る。予約や事前にチケットを買う必要はない。

③マイソール→ゴクラム
 リクシャで15分くらい,100ルピー前後で,ゴクラムへ。

④帰り
 マイソールのバススタンドから空港への直行便を利用してみた。800ルピーエアコン付き。予約やチケット不要。ただし,スプリングが弱く,バス酔いした。
本数は多いので,行きも帰りも利用価値はあるかも。下に時刻表をアップしておく。

20180818_12_15_10_3




【ゴクラムの宿事情】
表向き,きちんとホテルを名乗っているところが極めて少なく,1週間居て,3か所しか発見できなかった。通常のヨギは,人を介して民泊を紹介してもらっているようだ。
シュリ ドゥルガ バガワン 一泊600ルピー。値段相応。メインロードに面しているため,うるさい。下の食堂にたむろしている,ひげで短髪の男に声をかけよう。
resside 一泊1400ルピー。値段相応。概ね清潔で静か。朝にお湯がでない。
③シャラの近くに一泊350ルピーの民泊があったが,未開拓。


【ゴクラムのヨガ事情】
シャラを基本に全てが回っているからか,ドロップインできるところが少ない。みんな,長期滞在なのかなあ。

ヨガバラタ
一回300ルピー,10時25分から1時間。先生が静かな感じで好印象。普通のハタヨガ。地元のおばちゃんなど5名強が生徒として参加している。西洋人はほとんどいない。
祝日日曜日は休み。

20180816_21_41_48_2

②ヨガバラタの東隣
料金はドネーション。朝6時に行ったら,みんな寝ていた。実質,稼働していない感じがみえみえ。やるきなし。
先生は,ユーモアもあってまあまあいい人だったが。
一回500ルピー。未開拓。次回,行ってみよう。

シャラ:最低1か月受講から,とネットに書いてあるが,ネット検索すると,「1週間でもOKがでた」というのがわずかに見つかる。ダメもとで申し込んでみるか。


【役に立つカンナダ語】
イドゥ(これ) コディ(ください)
オンドゥ(1つ) チャイ コディ
オニムシャ(ちょっと待って)

カンナダ ゴッティッラ(カンナダ語はわかりません)




全体として,気候もおだやかで,特にゴクラムは暮らしやすいところだと思いました。
バンガロールやマイソールそのものは,ほかのインドの都市とかわらず,交通渋滞と大気汚染,騒音が酷く,長期滞在しようという気にはならないなあ。

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »