« 間抜けな泥棒の話 | トップページ | 「逃げ恥」が犯罪になった場合を考えてみよう »

2017年1月31日 (火)

弁護士CMに潜む業界の歪み

お昼に蕎麦を食べていたら,テレビで弁護士法人のCMやってました。


B型肝炎の被害者,我が事務所に来たれ!!

ヽ(´▽`)/


みたいな内容でした。


弁護士のCMなどというものは,20年前は考えられなかったことです。
CMをみるたびに,隔世の感を感じざるをえません。
ズルズル(蕎麦を食べる音)。



・・・ただし。


ここで気を付けていただきたいのは,CMをやるのは,交通事故,過払金など,比較的定型的に大量処理できるもの(交通事故は本当は定型処理なんてできないですが)ばかりだということです。
そうですよね?


「離婚や遺産分割いらっしゃい!」
(◎´∀`)ノ


というCMはないですよね。



我々の仕事は,全件オーダーメード。
過払金や破産申立を除き,画一的な処理は不可能です。ですから,


「弁護士費用は,事案をみてから決めます」


「勝つか負けるかは分かりません」


となり。
仮に,大量に集客しても,利益に結びつきづらい。
よって,特定の業務以外のCMは行なわれない。
そういう構造になっています。


私も,新聞広告やテレビCMはやったことありませんし。
今後もやらないでしょう。



ということで。
定型処理可能な特定の業務以外は,今後も,


「広告はないし,値段も不明」
(*゚▽゚)ノ


という,一見,消費者側には最悪な構造が続くと思います。



「弁護士報酬は,お布施みたいなものだ」
(`Д´)



と誰かが言っていましたが。


基準は不明,効果も不明,目立った広告もないという点では共通しているかも。
蕎麦みたいに,安く早く,回転率を上げるなんて,ありえない商売です。
ズルズル(蕎麦を食べる音)。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いわき:みぎは法律事務所 弁護士 戸川 瑛

法律相談の予約をしたいので,弁護士戸川瑛のホームページへ行く




« 間抜けな泥棒の話 | トップページ | 「逃げ恥」が犯罪になった場合を考えてみよう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552585/64624514

この記事へのトラックバック一覧です: 弁護士CMに潜む業界の歪み:

« 間抜けな泥棒の話 | トップページ | 「逃げ恥」が犯罪になった場合を考えてみよう »