« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月31日 (火)

弁護士CMに潜む業界の歪み

お昼に蕎麦を食べていたら,テレビで弁護士法人のCMやってました。


B型肝炎の被害者,我が事務所に来たれ!!

ヽ(´▽`)/


みたいな内容でした。


弁護士のCMなどというものは,20年前は考えられなかったことです。
CMをみるたびに,隔世の感を感じざるをえません。
ズルズル(蕎麦を食べる音)。



・・・ただし。


ここで気を付けていただきたいのは,CMをやるのは,交通事故,過払金など,比較的定型的に大量処理できるもの(交通事故は本当は定型処理なんてできないですが)ばかりだということです。
そうですよね?


「離婚や遺産分割いらっしゃい!」
(◎´∀`)ノ


というCMはないですよね。



我々の仕事は,全件オーダーメード。
過払金や破産申立を除き,画一的な処理は不可能です。ですから,


「弁護士費用は,事案をみてから決めます」


「勝つか負けるかは分かりません」


となり。
仮に,大量に集客しても,利益に結びつきづらい。
よって,特定の業務以外のCMは行なわれない。
そういう構造になっています。


私も,新聞広告やテレビCMはやったことありませんし。
今後もやらないでしょう。



ということで。
定型処理可能な特定の業務以外は,今後も,


「広告はないし,値段も不明」
(*゚▽゚)ノ


という,一見,消費者側には最悪な構造が続くと思います。



「弁護士報酬は,お布施みたいなものだ」
(`Д´)



と誰かが言っていましたが。


基準は不明,効果も不明,目立った広告もないという点では共通しているかも。
蕎麦みたいに,安く早く,回転率を上げるなんて,ありえない商売です。
ズルズル(蕎麦を食べる音)。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いわき:みぎは法律事務所 弁護士 戸川 瑛

法律相談の予約をしたいので,弁護士戸川瑛のホームページへ行く




2017年1月24日 (火)

間抜けな泥棒の話

こんな小話がある。

ある家に泥棒が入った。その家は,本好きな人の家で,たくさんの蔵書と,いくばくかの現金があった。泥棒は,蔵書には全く手をつけず,現金を持って立ち去った。










我々は,いつも,この泥棒と同じことをしている。

知識や知恵をつければ,長期間,お金をもうけたり,世の中をわたっていけるのに。
それには目もくれず,即物的なものをほしがる。
それで,小さな利益を得て,満足している。



弁護士業は,まさに知識の極地である。
「知っている」だけで,ダイレクトに得をしたり,損をしたりする。


例えば,借金。

住宅ローンが払えずに,家は競売にかかり,残った借金をえんえんと払っているか,全く払わずにおののいている。
よくあるケース。

借入先が銀行で,裁判所の判決がなく,競売と最後の支払から5年経っていれば,時効の可能性が高い。「時効を援用します」という通知を1枚うてば,残ローンが2000万円残っていても,即座に0になる。

えんえんと払っていて,時効にならないケースでも,弁護士に20-30万払って破産すれば,残りの住宅ローンは免責になる(浪費がある場合などを除く)。


人によっては,上に書いたわずか2行の知識を知らないがために,何年間も毎月数万円払っていたりする。

さらに場合によっては,住宅ローンを相続して,子供がえんえんと債務を払い,「完済した!!」とか,テレビで得意げにしていたりする。

相続放棄すれば済むことなのだが。



例えば,遺言。


「妻 戸川瑛子に全財産を相続させる。平成29年2月2日 戸川 瑛 印」


と,そこらへんの白紙に自筆で書いておけば,妻に全遺産がいくのに,そのわずか1枚の紙切れを書かずに亡くなったお陰で,例えば音信不通の前妻との子や姪甥に遺産が行ってしまう。


これだけ,知っている知らないで差がでる商売は,あとは税理士業務くらいではなかろうか。




などという真面目なことを考えてみたよ。

でも,うちの事務所は,現金は2万円くらいしか置いてなくて,蔵書ばかり。
だから,逆に蔵書持ってかれたら,めっちゃ困りますけどね。

そういうことは,やめてくださいね,泥棒さん。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いわき:みぎは法律事務所 弁護士 戸川 瑛

法律相談の予約をしたいので,弁護士戸川瑛のホームページへ行く










2017年1月17日 (火)

交通事故は人生,狂う

最近,交通事故のニュースが多いですね。

児童の列に突っ込み,ひき逃げ,高齢者のブレーキとアクセル踏み間違い・・・・・



現代社会で,車はかなり強力な殺人兵器になりえます。

フランスのニースのテロでもトラックが使われましたよね。


そんな強力な機械を,酔っ払った人や全く常識のない人,認知症の人でも使っているという・・・・・・


考えてみれば,相当に恐ろしい事態です。
さらに言えば,我々も,いつでも加害者側になりうる,というのが恐ろしいところでもあります。



さて。




交通事故,特に人身事故を起こすと,3種類のペナルティを受けます。


①行政罰。免許の停止や取消。

②刑事裁判。検察官に起訴されて,罰金や懲役刑,禁固刑をくらう。

③民事裁判。被害者に提訴されて,慰謝料治療費等を負担させられる。



ただし。
人身事故といっても,全治3日間のかすり傷から入院を要する傷まで,色々あるわけで。


交通事故は,件数が多いこともあって,②は,前科があるとか,怪我が相当重症であったとか,ひき逃げでもない限り,逮捕されることは稀です。
また,ちゃんと限度額のない任意保険に入っていれば,③の人身への賠償金は全て保険会社が代わって払うので,実は加害者側に負担はありません(翌年以降の保険料値上げとかはともかく)。
 万が一,任意保険未加入で,被害者に後遺症が残ったりすると,賠償額が数千万円に達することもあるので,人生,詰んでしまいます。さらに,「被害弁償ができない」ということで,刑事裁判でも重い刑が科されてしまいます。



いわきで弁護士をやっていると。
わりと,軽い気持ちで飲酒運転している方が多いような印象です。
東京と違って,電車が発達していないからでしょうね。


でも,飲酒運転で人身事故など起こしたら,おそらく勤め先は解雇となり,賠償金の負債を負い,免許はない,みたいな三重苦になってしまいます。
任意保険をかけないのは論外ですが,一般の方が思っている以上に飲酒運転はリスクが高いといっておきたいと思います。


ちなみに,被害者側は,一応,人身傷害保険といって,(事故の相手方の怪我ではなく)自分の怪我を保障する保険に入ることによって,無保険運転に当てられるリスクを軽減することができます。・・・・が,それでも,車は,できるだけ乗らないことに越したことはないですね。


いわきの弁護士は,僕を含めて3人,自転車族がいます。
弁護士が自転車でひーこら裁判所の坂を上がってくるのは滑稽にもみえますが,自転車最強と思う今日この頃です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いわき:みぎは法律事務所 弁護士 戸川 瑛

法律相談の予約をしたいので,弁護士戸川瑛のホームページへ行く

2017年1月10日 (火)

遺産分割調停の実況中継

「実践調停 遺産分割事件」を買いました。

裁判官と調査官執筆,日本加除出版の出版ということで,重要度は高い。



財産のある方が亡くなり,有効な遺言がないと,遺産分割協議が始まります。
裁判所外で協議が調わない場合,裁判所で調停が行なわれます。

本書の内容は,姉妹書の実践編。
物語形式で調停が進んでいきます。
前妻の子VS後妻の子という,よくあるストーリー。

「私がお父さんの面倒をみてきたのに,そんな遺言を書くわけないわ!!」

みたいな,法曹アルアルのセリフが満載です。


●相続人の一部が行方不明の場合
●出頭しない場合
●被後見人が混じっている場合
●調停の具体的な進め方(遺産の範囲→評価→特別受益)
●不動産鑑定
●寄与分の調査官調査


などなど,実務上遭遇するパターンを「無理に全部」盛り込んだストーリとなっており。


・・・・・・・非常に分かりにくい内容となっています。┐(´д`)┌
もっとシンプルにできなかったのかね。


一般人が読むには難しすぎるし。
調停委員とか家裁の書記官さん向けかなあ。
弁護士が読むには,ストーリー部分の比重が大きすぎて,使いづらいなあ。


以下,勉強になった部分。

●電話会議
 法律改正で,遺産分割調停も電話会議が可能に。本人確認と非公開性の担保のため,代理人がいる場合はその事務所の電話で実施するが,代理人がいない場合は,当事者本人が最寄りの家裁に出頭して実施する扱い(らしい)。

●使用借権の減価率
 堅固建物なら20%,非堅固建物なら10%。


●進行の仕方
 いわきでは,本書のようにカチカチやっているのは見たことがないが。遺産の範囲をまず確定し,評価,特別受益等とステージを分けて進んでいくのはいいかもしれない。



裁判所の事件は全体的に減少傾向ですが,遺産分割事件は増加しており,私も持ち事件の2-3割を占めています。
一応,あんちょことして買っておくべきか。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いわき:みぎは法律事務所 弁護士 戸川 瑛

法律相談の予約をしたいので,弁護士戸川瑛のホームページへ行く

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »