« 弁護士業務のイヤなところ! | トップページ | 裁判官は鉄道ダイヤに詳しい »

2016年11月 1日 (火)

生き別れた母に会いたい!!

テレビを見ていると,


「生き別れた母に会いたい!!」

(ρ_;)


という番組をやっていました。よくあるよね。



小さい頃に別れて,手がかりがない
→自分の以前の本籍地を手がかりに,番組スタッフが聞き込み
→分からなかったので,探偵に依頼して判明
みたいな流れでした。



これを見てた法曹関係者は全員,



「オイオイ・・・・附票とれば一発だろ・・・・・何,探偵頼んでんの?」
……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ


ということで,心がひとつになっていたと思います。




説明しよう!!
(◎´∀`)ノ



我が国では,戸籍という,家単位の出生登録システムがあるのだが,その附票に,今までの住所が記載されているのだ!!
これは,本人のみならず,直系血族や配偶者もとることが出来るぞ!!
つまり,子供は母親の戸籍の附票をとれるのだ!!


戸籍の附票を辿れば,少なくとも現在の住民票上の住所までは辿ることができます。
これによって,妻は行方不明の夫の住所を知ることができるし,子供が親の,親が子供の住所を知ることができます。
ですから,上記の番組の場合,附票をとれば,住民票上の住所は分かるってわけ。
きっと,依頼された探偵さんも,附票とっただけだと思うな・・・・・・
高くついただろうな・・・・・・



ただし,

●住民票を動かさないで引越している
●外国に住民票を動かしている
●住居の実体がないので,市町村が住民票を職権で抹消した
場合など,
附票上の住所≠実際の住所


という場合は,もはや附票からは辿れません。
あとは,弁護士なら,(事件処理に必要な場合は)電話番号から請求書の送付先などを電話会社に照会することができます。

それもダメだと・・・・・・


あとはもう,住所を知る方法はないですねえ・・・・
こういう場合は,公示送達といって,そのまま裁判を進めることになります。
生き別れた母には会えないですが・・・・・・・



1年に1回くらいは,


「親の居場所が分からない」
「夫の居場所が分からない」


というご相談があります。
そういう場合は,まずは附票をとってみましょう。
役所で請求するだけで,料金も数百円ですヨ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いわき:みぎは法律事務所 弁護士 戸川 瑛

法律相談の予約をしたいので,弁護士戸川瑛のホームページへ行く

« 弁護士業務のイヤなところ! | トップページ | 裁判官は鉄道ダイヤに詳しい »

法律の話」カテゴリの記事

コメント

亡くなった父にも会えるんですか!?

会えません。弁護士ではなく江原さんのとこに相談に行って下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552585/64337697

この記事へのトラックバック一覧です: 生き別れた母に会いたい!!:

« 弁護士業務のイヤなところ! | トップページ | 裁判官は鉄道ダイヤに詳しい »