« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月25日 (火)

弁護士業務のイヤなところ!

最近,ひたすらカレー作りに励む日々。


Img_3196

ですが,皆様,いかがお過ごしでしょうか。

そろそろ,夏向けのカレーではなく,シナモンや生姜をいれた冬向けのカレーの時期ですね。



季節に移ろいがあるように,弁護士業務も「やっててよかった」と思うときと,「やってらんねーよ」と思うときが交互にやってまいります。

弁護士業務でもっともイヤなのは,おそらくどの弁護士でも,


「勝つと思っていた裁判で負けて,それを依頼者に伝える瞬間」

Σ(゚д゚lll)


でしょうね。

まあ,経験が蓄積していくと,徐々に見通しも正しくなり,軽々しく「勝てますよ」とも言わなくなるので,そういった経験は減っていくのですが。


変わらずイヤな業務としてあるのが,


「友好的でない,知らない人に電話をかける瞬間」


というのがあります。

国選の刑事事件の被告人の知り合いに電話をかけるとき。

被害者にコンタクトをとるとき。

事件の相手方に電話をかけるとき。



ここ数年で急速にオレオレ詐欺がはやった影響で,「弁護士」と名乗ると,びっくりされるよりも先に,警戒されるようになりました。

要求事項についてNOを言われるのは全く構わないのですが。

不審者扱いされたり,ガチャ切りされると切なくなります。


裁判官とかは,そういった気持ち,分からないだろうな。
検察官は,被害者や加害者の家族にコンタクトとるから,分かるだろうな,この気持ち。



とりあえず,オレオレ詐欺だと思われる・・・・・
迷惑扱い・・・・・・



セールスの電話をかけている人なんか,毎日,こんな感じなんだろうな。
少し,尊敬の念が湧いてきます。




・・・・でも,2週間に1回は,うちの事務所宛に,「電話回線は何をお使いですか-?」みたいなセールスの電話,かかってくんだけどね・・・・・・・・


因果応報。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いわき:みぎは法律事務所 弁護士 戸川 瑛

法律相談の予約をしたいので,弁護士戸川瑛のホームページへ行く

2016年10月18日 (火)

いわきは薬物が手に入りやすい?

いわきで,初めて薬物依存症向けの教室が開かれるようですね。

(゚0゚)


福島民友ニュース


いわきは,他の地方に比べて薬物事犯(つまり覚せい剤ね)が多いと聞きます。
いわき以外で弁護士をやったことがないので,私の実感としてはよく分かりませんが。
そうらしい。


港町なので,外国から入ってくるとか,疲れた船員さんが,みたいな風土はあるのかな,と思います。ただし,外国から買ったとか,船員さんの覚せい剤の弁護をしたことは,この10年で0件ですが,,,,,。





薬物事件の弁護で困るのが,再犯防止のための具体的処遇の調整です。

アルコール中毒などと同じく,本人が「やめます」と法廷で言ってもあまり実効性も説得力もない。本人の意思のみでやめられるものではないからです。
中毒から脱するための家族会とかダルクみたいなところがあればいいなと思うのですが。
いわきには,そういうの,全くないんですよね。


仕方なく,東京や磐梯ダルクの資料を差し入れて,執行猶予後,服役後はそこに行けるよう,具体的な情報を提供はするのですが。
磐梯に通うのも,東京に通うのも,しんどいよねえ。
┐( ̄ヘ ̄)┌




いわきは所詮,人口30万人都市。
教室が継続するに足りる需要があるかどうかは分かりませんが。
末永く,続いてほしいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いわき:みぎは法律事務所 弁護士 戸川 瑛

法律相談の予約をしたいので,弁護士戸川瑛のホームページへ行く


2016年10月11日 (火)

3件連続キャンセル!!

先日,法律相談が同日で3人分のキャンセルがありました。

一気にヒマに。
うあ,すごい確率。
(◎´∀`)ノ


キャンセルなんて,10人に1人,いるかいないぐらいです。

そうすると,同日で3人キャンセルが重なる確率は,


10×10×10=で,1000分の1!!!!!




・・・・でも,冷静に考えると。


200日営業として,5年に1回はある計算か。
絶対にありえない,というレベルではないのね。



んで。




占いで,ヒラリーさんとトランプさん,どっちが大統領になるか,占ったとしますよね。

でも,これって,冷静に考えると,2分の1の確率で当たるわけです。


科学の領域では,5%以下のものしか,意味のある事象ではないと扱います。

よって,3回連続で大統領候補を当てたとしても,あんまり意味はないんだね。
(2の3乗=8。12%)

10人占い師がいれば,偶然でそれだけ当てるヒトは,1人は必ず出てくるのです。




裁判では,



「100万円という大金を渡したのに,領収書を交付していないなんて,ありえない。よって,100万円の交付はない」


みたいな主張がよくあります。
「普通するであろう行動をしていない」という主張。


でも,これって,さっきの例で考えると。
友人同士の貸し借りを100回やって,領収書を交付しない場合が5回以上あるといえるなら,偶然の範疇といえるので,科学的にはあまり意味がない主張ということになります。
まあ,問題は,「貸し借りを100回やって領収書を作らない確率が5%以上」という統計がないところにあるが・・・・・・

文系は,そこらへん,適当に判断して原則例外を主張してしまうのが,良くないと思います。



ということで,3件相談がキャンセルになると,どうでもいい計算を始める弁護士がいた,という話です。予定の変更があったら,お気軽にキャンセルしてください
(ρ_;)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いわき:みぎは法律事務所 弁護士 戸川 瑛

法律相談の予約をしたいので,弁護士戸川瑛のホームページへ行く

2016年10月 4日 (火)

占星術にこる弁護士。

アガスティアの館に行った縁で,インド占星術にはまっている今日この頃です。

・・・・占星術にはまっている弁護士って,イヤですね。

絶対,依頼したくないなあ。


「来週半ばまでに,土星があなたの職業を象徴する水星を妨害しているので,それまではあなたのお仕事はうまくいかない・・・・・しかし,来週半ばにはその土星が移動し,代わりに吉星で教師や裁く者を象徴する木星がトランジットですから,裁判官の裁きにより,我々は勝訴するでしょう・・・・・・ただし,そこからの収入は7室にリンクしますので,女性関係に浪費する可能性があります・・・・ご注意ください・・・・フェッフェッフェ」
(◎´∀`)ノ


みたいな。

おまえ,法律論を展開しろよ,という。



しかし,インド占星術を勉強したところ,意外と法律と似ている部分があります。

吉星と凶星のバランス。
全体的な配置と重点的なところ。
星の配置から必要な事項を連想する能力。



例えば,解雇事案。
積極要素と消極要素のバランス。
業務上のミスはあったが,業務に与える影響は軽微。
同一のミスをした同僚で解雇されたヒトはいない。
よって,解雇そのものというより,解雇後の処遇が訴訟の中心。
そういえば,業務上の怪我と出産前後は解雇ができないし,有期雇用だと中途解雇はより困難,今回は?・・・・とか。

例えば,売掛金の回収事案。
契約書はないが,見積書と納品書があり,前後に同一商品の納入と支払があるから,売掛金の存在そのものは争えないだろう。
ただし,相手が欠陥を主張しているので,中心的争点はそこ。
あれ,売掛金って時効2年だっけ,大丈夫?・・・・・みたいな。


・・・そのうち,事案をみただけで正確に見通しを立て,ホロスコープをみただけで相手の職業くらいは当てられるようにしたいと思います。


・・・いや,強制執行のときにですね,相手が無職か有職者かは,重要なんですよ?



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いわき:みぎは法律事務所 弁護士 戸川 瑛

法律相談の予約をしたいので,弁護士戸川瑛のホームページへ行く

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »