« 強制執行の終わり。 | トップページ | 裁判官が何を考えているのか,分かる本 »

2011年7月 7日 (木)

東電に電話する弁護士。

「すみません,大変ご迷惑をおかけしております,東京電力です!」


東電の仮払金請求の部署に電話をかけたら,いきなり冒頭から謝罪をしてきました。
可哀想に。
(;ω;)




きっと,怒鳴り込む人,責め立てる人,理不尽な要求をする人,いっぱいいるんでしょうね。

きっと,コールセンターは外注でしょうけど,辛い仕事だと思うなあ。




今週は,私は民事当番です。
弁護士会いわき支部に,




「弁護士紹介してクレー」



というと,私が紹介されます。


昨日なんか,30分の電話×4。

もう,グロッキーです。
ま,東電のコールセンターみたいに,怒鳴り込みの電話って,わけでは全くないですけど。
(。>0<。)


長時間喋るのって疲れます。
ブログも更新できません。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
みぎは法律事務所 弁護士 戸川 瑛

法律相談を予約したいので,いわきの弁護士戸川瑛のホームページへ行く

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

« 強制執行の終わり。 | トップページ | 裁判官が何を考えているのか,分かる本 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

先生の仕事は、本当に大変なお仕事ですよねcoldsweats02

東京電力のコールセンター・・・・正直な所、外注使わずに社員でやれば少しでも保証金に回せるのではないかと思う時がある。

被害者としては、東京電力のやり方に疑問有り・・・

いえいえ・・・・・
大変じゃないときもあります。


ま,あんだけの電話を受ける人材を即座に確保するのは,自前では無理でしょう。残念ですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552585/52142112

この記事へのトラックバック一覧です: 東電に電話する弁護士。:

« 強制執行の終わり。 | トップページ | 裁判官が何を考えているのか,分かる本 »