« 避難先でデコンドーを習う。 | トップページ | とりあえず、災害時の法律知識の本 »

2011年3月26日 (土)

当座の生活資金をどうしよう。 イン いわき

東京に避難中の戸川です。

●●既存の依頼者の皆様へ●●

ご迷惑をおかけしております。当事務所の業務は、来週30日ころから再開予定です。弁護士への連絡は、下記ホームページの「法律相談予約」ページからメールをすることができます。ご不便をおかけしますが、何卒宜しくお願いいたします。

さてさて、弁護士のメーリングリストでは、いろいろな情報が飛び交っております。整理をかねて、下記にまた少しまとめておこうと思います。

2 当座の生活資金をどうすんじゃい!!! の巻

(1)福島県社会福祉協議会から借りる(10万ー20万円)

  →3月23日時点では、「実施体制が整い次第、受付開始」とのこと。福祉協議会のTEL:024-523-1251
社会福祉協議会の緊急融資

(2)銀行から借りる

  →東邦銀行の緊急融資。

  事業主・法人5000万円以内、個人500万円以内。
   東邦銀行の震災特別融資制度
  なお、既に借りている人は、返済条件の相談も受け付けるとの事。

  →大東銀行
   
  【3月25日】 「東北地方太平洋沖地震」に関する各種お問い合わせ先
   【総合相談窓口】
 平日(9:00~17:00) 024-925-1111
 土日(9:00~15:00) 0120-55-9192

   【ご融資にかかるお問い合わせ】
 平日(9:00~17:00) 0120-12-6554

 →いわき信用組合

   震災復興に係る休日営業・融資窓口相談のお知らせ
 今回の東日本大地震により罹災されました多くの方々に、心よりお見舞い申し上げます。
 当組合は、震災により被害を受けられた地域の方々の現況を鑑み、休日窓口営業並びに「東日本大震災緊急生活資金相談窓口」において融資相談業務を行います。
 罹災され当面の生活資金を必要な方、事業主の方で事業性資金に関するお借入やご返済、また、消費者ローン・住宅ローンのお借入や毎月の返済額、借入期間などご返済に関するご相談等お気軽にご相談ください。
 なお、休日窓口営業での払戻し業務においては、原則下記の被災店舗お取引の方に限らせていただきますのでご了承ください。
■ 実施日 平成23年3月26日(土)、27日(日)
■ 実施店舗および営業時間
本店営業部 電話番号 54-6711 午前9時から午後3時まで
平支店 電話番号 23-3155 午前9時から午後3時まで
植田支店 電話番号 62-3158 午前9時から午後3時まで

■ 被災店舗・避難対象店舗 / 5店舗
江名支店・中之作支店・塩屋崎支店・四倉支店・楢葉支店

 →ひまわり信用金庫
  
10万円以内の応急資金・返済猶予相談

 →福島銀行
  
被災者向けの特別融資

 →日本政策金融公庫
  
http://www.jfc.go.jp/c_news/news_bn/news230318.html

(3)福島県から借りる(とりあえず事業主のみ?限度8000万円)
 
福島県の中小企業向け震災特別融資

(4)賃金などをもらう

 →休業の場合でも、失業手当をもらう(雇用主は休業手当支払いに助成金がでるかも
  雇用保険給付 特別措置

 →地震で、雇用主側が事業停止・賃金払えない状態で、雇用者が退職を余儀なくされ賃金が未払いの場合
  未払い賃金立替払い制度
  参考:厚生労働省の通達
 

(5)生活保護を申請する。

(6)国から支援を受ける
「hp.pdf」をダウンロード

今後も、追加でいろいろ救済があるんでしょうね。利息はやっぱり政府系が安い!!
金策は、検索しだすと、多すぎてまとめられない・・・・
(;ω;)

原発で作業中の方がた、ガンバッテクダサイ・・・・・・・・
(´Д⊂グスン

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
みぎは法律事務所 弁護士 戸川 瑛

法律相談を予約したいので,いわきの弁護士戸川瑛のホームページへ行く

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

« 避難先でデコンドーを習う。 | トップページ | とりあえず、災害時の法律知識の本 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552585/51218997

この記事へのトラックバック一覧です: 当座の生活資金をどうしよう。 イン いわき:

« 避難先でデコンドーを習う。 | トップページ | とりあえず、災害時の法律知識の本 »