« 中学2年生が太っている県,福島県。 | トップページ | (書評)離婚事件の実務 »

2010年12月 8日 (水)

賞与査定する弁護士。

賞与って,どうやって決めたらいいんかいな。

昔々,あるところに,そう悩んだ弁護士がいわきにおりました。

弁護士は,昨年独立したばかりなので,賞与の決め方が分かりません。

そこで弁護士は,近くのヤマニ書房に行き

41kqy2goa3l_bo2204203200_pisitbstic

小さな会社は人事評価制度で育てなさい

という本を買ったとさ。

めでたし,めでたし。
ヽ(´▽`)/

この本で,面白かったのが

「勤務成績と賞与金額を結びつけた方が良いとは必ずしもかぎらない」

という部分です。

「勤務成績と賞与金額をガチガチに結びつけると,賞与に反映されない業務はやらない,という方向に行く可能性がある」

なるほどー(○゚ε゚○)

でも,本の最初の方に,

「昇進も賞与額も社長の気分次第」という会社でクーデターが起きた,という事例が紹介されていまして。

やっぱり,何らかの基準は必要だろうと。

で,この本を(少しだけ)参考に,ささやかな査定書をつくり,賞与を決めました。
(本では,査定を決める会議をひらき,面接をし・・・・となっているのですが,省略。)

でも,ウチでは,実質的な仕事は一切事務さんにやらせていないので。

計数的に測定できる業績ってないなあ。

求める姿勢は・・・・・・

病欠とかしないで普通に出勤してくれること
入力や伝言などの正確性
掃除
その他仕事に対する積極性

かなあ。

色々考えて,査定項目のウェイトを調整して。

何か,事務さんには悪いですが,こういうのってお店経営ゲームみたいで,ちょっと楽しかったりします
(◎´∀`)ノ

そういえば,私は,賞与査定というものを受けたことがないなあ。社会経験乏しくてすんません
( ̄▽ ̄)

賞与はもちろん喜んでもらえましたが・・・大事なのは今後うまく機能するかですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
みぎは法律事務所 弁護士 戸川 瑛

 ※法律相談はお電話(0246-68-7204)にてご予約ください。

※現在,依頼が多数のため,平成22年の新規受任は債務整理案件以外は終了しております。債務整理案件以外はお電話いただいても受任できません。誠に申し訳ございません。

いわきの弁護士戸川瑛のホームページへ行く

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

« 中学2年生が太っている県,福島県。 | トップページ | (書評)離婚事件の実務 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552585/50243890

この記事へのトラックバック一覧です: 賞与査定する弁護士。:

« 中学2年生が太っている県,福島県。 | トップページ | (書評)離婚事件の実務 »