« 共有ファイルの作り方 | トップページ | 独立してそろそろ一年。 »

2010年11月29日 (月)

新築建物の値段を適当に推理する方法

依頼者から,お礼に「あきらカステラ」なるカステラを頂戴した弁護士戸川瑛(とがわあきら)の今日この頃ですが,皆様いかがお過ごしでしょうか。

ちなみに,お礼の電話かたがた聞いてみたら,偶然あきらカステラを選んだとのことです。中身は普通のカステラでした。

さて,弁護士はものの値段を色々決めなければいけないことがあります。

相続の時。

破産の時。

値段が分からなければ,どう分けようという話ができませんし,もっている財産の価値が分からなければ破産もできません。

そこで,今日は,建物の値段を適当に推理する方法をひとつ。

「shintikutatemono-kazeihyoujyun.mht」をダウンロード
(グーグルクロームでは表示できない)

新築建物価格認定基準表。いくらで建ったか分からない建物があっても,お上は登記するときに建物の値段に応じた税をとらなきゃならん,ということで,こういう表があるんですね。

もちろん,建物を建てたときの請負契約書とか売買契約書があれば,それにこしたことはないですが。

建物の所有者が非協力的だったり,相手方だったりする場合は,この商売にはあるわけですよ。

この表があれば,

①建物の登記を法務局でとる

②登記をみて,合致する構造の㎡あたり単価×面積

でだいたいの値段がでます。ま,あくまで,平均的な値段ですが・・・・・

強引に値段をださなきゃならない場合もあるわけですよ。
(◎´∀`)ノ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
みぎは法律事務所 弁護士 戸川 瑛

 ※法律相談はお電話(0246-68-7204)にてご予約ください。

※現在,依頼が多数のため,平成22年の新規受任は終了しました。誠に申し訳ございません。

いわきの弁護士戸川瑛のホームページへ行く

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

« 共有ファイルの作り方 | トップページ | 独立してそろそろ一年。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

CGの億ションはいくらになるのでしょうか?

登記とって,床面積に13万8000円かけて下さい。

建物の所有者が非協力的だったり,相手方だったりするんですか。
Σ( ̄ロ ̄lll)

ア○○スに無料査定をお願いすれば・・・・(笑)

建物の所有者は、すごくゆるゆるで、部下の私を友達だと思っている節があります(大変光栄なことですけどね)。

それは良いことですね。季節柄(季節に関係ないかも),飲み過ぎにお気をつけ下さい。

ありがとうございナス!
常日頃から戸川先生的生活を目指しておりますが、常日頃から実現できておりません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552585/50163859

この記事へのトラックバック一覧です: 新築建物の値段を適当に推理する方法:

« 共有ファイルの作り方 | トップページ | 独立してそろそろ一年。 »