« 親指の恋人を読む弁護士。 | トップページ | ホロスコープと裁判の勝訴見込みについて »

2010年3月25日 (木)

皮底の靴と裁判での服装について。

初めて、底が革の靴を買ってみました。

いやー、しかし。

これはよく滑りますねー。
でも、かっこいいから許しましょう。

いえ、新宿のマルイで○万円です。

○○万円、ではありません。

しかも、

マルオとまる子の10日間

で10%引きです!

「普通の」弁護士さんは、多分、○○万円くらいの靴を履いているのでしょう(未確認ですが)。

というか、少なくとも福島では皆さん、ちゃんとしたセットスーツにネクタイですね。

私のような、ノーネクタイ、ジャケパン弁護士はほとんど生息していません。

さびしい限りです。

ちなみに、裁判での服装ですが。

裁判官、検事さんは普通にスーツですね。

裁判官は、法服という黒いカブリモノをしていることもあります。

裁判に出廷される一般の方は、というと。

かっちりしたスーツの方はあまりいない、という印象です。

シャツにジャケットにスラックス、といったところが標準でしょうか。

刑事事件の情状証人なんかですと、ジーンズの方もちらほらです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
みぎは法律事務所 弁護士 戸川 瑛

 ※法律相談は30分5000円です。お電話(0246-68-7204)にてご予約ください。なお、多重債務の相談は相談無料となっております。
戸川弁護士の法律事務所のホームページへ行く

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« 親指の恋人を読む弁護士。 | トップページ | ホロスコープと裁判の勝訴見込みについて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552585/47904460

この記事へのトラックバック一覧です: 皮底の靴と裁判での服装について。:

« 親指の恋人を読む弁護士。 | トップページ | ホロスコープと裁判の勝訴見込みについて »